チラシ・フライヤー印刷

選べる納期
チラシイメージ

店頭に置く、街頭で配布する、新聞に折り込む、ダイレクトメールに入れる、ポスティングをするなど、さまざまなシーンで活躍する、"広島の印刷屋さん.comの定番商品、チラシ・フライヤー印刷。

広島エリアの最安チラシ・フライヤー印刷価格に挑戦しており、多くのお客様にご支持を頂いております。

数種類の紙の種類・厚さ・サイズからお選びいただけることに加え、オプションで折り加工を追加することも可能です。

広島エリアの納品であれば、納品日ごとに価格を設定し、これまで以上に、チラシ・フライヤー印刷がご利用しやすくなりました。

用紙の説明

コート

一般的に、オフセット印刷で使用される紙です。表面にコーティング加工がしてあり、写真など色の表現にも向いています。 通常、チラシの印刷に使われることがもっとも多い用紙です。

マットコート

コート紙と比べて光沢が抑えれれている紙です。落ち着いた雰囲気の演出が必要な場合のご利用がお勧めです。光の反射が少なく、色味が全体に沈んだように仕上がるため、パンフレットや会社案内等文字の多いデザインに向いています。

上質紙

コピー用紙としても使用されている、表・裏面ともコーディング加工がされていない紙です。他の紙に比べ発色は落ちますが、筆記適性が高く、捺印・ボールペン・鉛筆・万年筆で記入する印刷物に向いています。

厚さの説明

70kg 73kg

新聞折込で見かけるスーパーマーケットやパチンコ屋さんの薄いタイプの用紙になります。 用紙が薄いことから裏映りする可能性があるため、一般的に片面印刷が適しているといわれます。

90kg

イベントフライヤーやポスティングチラシ・手配りチラシなどに多く用いられます。一般的な折込チラシには、十分な厚みがあるため、お勧めです。

135kg

コシがあり厚めの用紙です。フライヤーやカタログ冊子・会社案内等発色を求められる印刷物に適しています。折込チラシ等で、高級感を出し他の印刷物を差別化を図りたい場合にも利用されます。

折り加工

折り加工料金表
ページのトップへ