データ入稿ガイド

広島の印刷屋さん.comでは、印刷を身近に感じていただくため、高品質・低コストの印刷を心掛けております。 完全データで入稿されるお客様が、スムーズに進行していただけるため、データ制作のポイントをご用意しました。 仕上がった印刷物をみて「こんなはずではなかった」とならないため、ぜひご活用ください。

対応ソフトウェア

対応ソフトウェア一覧

データ制作のポイント

check1 カラーモード check4 高濃度 check2 仕上がりサイズとトンボ check5 画像の解像度 check3 フォントのアウトライン化 check6 罫線の設定

check1 カラーモード

チェックマーク

データは必ずCMYKで作成してください。

RGBとCMYKは、表現できる色が違います。データでRBGが使用されていた場合、自動的にCMYKへの変換を行います。予期しない色の変化を防ぎたい場合は、あらかじめCMYKでデータを作成していただきますようお願いします。

RGBカラー CMYKカラー

check2 仕上がりサイズとトンボ

チェックマーク

仕上がりサイズから外側に3mm程度の「塗り足し」と「トンボ」が必要です。

トンボと塗り足し

トンボとは
印刷データに必要となる「トンボ」とは、データの外側につけるL字と十字のマークです。各色のインキの刷り位置を合わせる目安や、断裁位置の基準に使用されますので、必ずトンボはつけてください。

塗り足しとは
データ上で紙面のギリギリまで作成していた場合、紙面の端の部分まで色や写真が入るとき、断裁の際僅かなずれが生じただけで、印刷する用紙の色(白地)が出てしまう可能性があります。それを避けるため、仕上がりサイズの外側まで、3mm程度余分に、色や写真の幅を広げて作成してください。

check3 フォントのアウトライン化

チェックマーク

フォントはすべてアウトライン化してください。

アウトライン

アウトライン化とは、文字情報を図形化することにより、フォントがないなどのトラブルを防ぎます。 この作業を忘れてしまうと、文字化けの状態になり、適切なフォントに置き換えられてしまいます。 フォントやレイヤーをロックしている場合、オブジェクトの選択が適切に行われないため、必ず全てのロックを解除してから、アウトラインの作成を行うようにしてください。また、「文字」メニュー内の「フォントの検索」を利用すれば、アウトライン作成をしていないフォントを検索することができます。

check4 高濃度(リッチブラック)

チェックマーク

掛け合わせの合計が300%以上は危険水域

黒を強調するために、CMYK4色の掛け合わせの合計が300%を超えないように注意してください。 300%を超えた場合、印刷後のインキが乾燥できず、重なり合った用紙に付着してしまいます。

check5 画像の解像度

チェックマーク

300~350dpiを目安としてください。

Webで使用されている画像の多くは72dpiという低解像度にもかかわらず、画面上ではきれいに見えています。 しかし、低解像度のものを印刷すると、粗い仕上がりとなりますので、解像度は300~350dpiで作成してください。 印刷の仕上がり目安は、カラーレザープリンターで出力したものになります。

check6 罫線の設定

チェックマーク

罫線は0.25pt以上の線幅を設定してください。

罫線に対して線幅がゼロ(空欄)に設定されている場合、出力機で出力できる最も細い線となり、印刷ではかすれるか濃度によっては消えてしまいます。罫線は必ず0.25pt以上の線幅を設定してください。

ページのトップへ