広島で低コスト印刷をお考えの方へ

リサイクルショップ様より開業のチラシ印刷のご注文をいただきました

広島市東区にオープン予定のリサイクルショップ様より開業に関するチラシのデザイン/中国新聞への折込/チラシの印刷のお問い合わせがありました。

デザインそして新聞折込の手法など今まで広島の印刷屋さんに蓄積された効果的と思われる折込方法をお伝えしました。

チラシのデザイン

新規オープンする際にチラシのデザインで重要なのは、店舗の場所です。一見あたりまえのことのようですが、これをチラシを手に取った方へ分かりやすく伝えるのがなかなか難しいです。
今回の新聞折込は、店舗の位置から半径5km程度の範囲内です。そのため、店舗の場所の、「おおまかな場所」を把握している読者が多いことが想定されます。

そのため、広範囲の地図 と 至近距離の地図 を組み合わせ、よりチラシ読者目線に近いアクセスマップにしました。

とくに至近距離の地図は、一方通行の道路や車での経路表示、駐車場の位置など分かりやすく、大きく表示しました。

 

チラシの印刷

チラシの紙質は、コート90kgを利用しました。一般的な折込チラシは、広島の印刷屋さんでは、コート73kgもしくはコート90kgをおすすめしています。
10,000部を超えると、費用対効果の面からコート73kgが望ましいと思いますが、どちらの紙質も裏表が透けない程度のしっかりしたチラシになりますので、どちらでも問題ありません。

 

中国新聞への折込

新聞への折込エリアの選定はとても重要です。初回の折込は、新規オープン周知・告知の側面があります。そのため、広島県の新聞の世帯購読シェア50%を超える中国新聞は必須です。
ただし、今後の戦略によっては、ビジネス向けに強い日経新聞など全国紙への折込広告を検討するのも望ましいと思います。

ページのトップへ